B-League初観戦!熱い試合と初心者でも楽しめる工夫で大満足! | channelsland

B-League初観戦!熱い試合と初心者でも楽しめる工夫で大満足!

bleague_01_5

こんにちは、ダイクン(@channelsland)です。

先日の「B-League観に行きます!チーム数は何チーム?チケットの買い方は?」で予告した通り、プロバスケットボールリーグ “B-League” の試合を初めて観てきました。

今回、見た試合は川崎ブレーブサンダースvs栃木ブレックス。期待通り、いや期待以上に「アツい」試合になりました。

というわけで、プロバスケ初観戦レポート、ご覧ください!

とにかく試合が熱かった!

とにかくメインであるバスケの試合そのものが熱かった!

すごい来場者数!

今回は2Fの自由席のチケットを購入。

会場に着いたのが開場後約1時間くらい、試合開始まで40分ちょっとくらいの時間。

会場の外には思ったより人がいなくて、ふーん、そんなに混んでないのかなぁ、と思いながら会場入り。

bleague_01_1

bleague_01_2

bleague_01_3

、、、すいません、Bリーグを完全に舐めてました。

席が空いてないっ!

1Fも2Fも、見渡す限り、赤いTシャツを着た人で席が埋め尽くされているっ!!

bleague_01_7

2F席を歩き回った結果、結局、3人揃った席は確保出来ず、息子と奥さんがたまたま空いてた2Fゴール裏最前列(!)、僕は隅っこの2F最後列の席で離れた観戦になりました。

次回は、早く行かねば。やっぱり家族みんなでそろって見たいですからね。

これが今回唯一の反省点でした。

ドラマのような、まさかまさかの展開!

で、肝心の試合。もう「ドラマかよっ!」ってツッコみたくなるような展開でした。

心の声とともに書き起こすとこんな感じ。

第3クォーターまでは終始川崎リード。開始直後からだいたい10点近いリードを常に保っている感じ。(おおぉ~、川崎強いなぁ、このまま川崎の楽勝か?)

→ 第4クォーター、じわじわと点差が縮まり始める。(あれ?あれ?なんか差を詰められてない?)

→ 残り1分切ったところで栃木・田臥に同点ゴールを決められて、追いつかれる!(うわぁぁあ、マジか!完全に流れが栃木にあるけど大丈夫か、、、?)

→ 残り5秒で川崎が2点リード!(よし!残り5秒しかないし、大丈夫でしょ!)

→ 相手に3ポイントシュートを決められて逆転される!時計は残り0.1秒!(え、え、え、え、、、)

→ 最後の最後、何とかシュートまで持っていくけど、リングに弾かれて the end

公式ページに動画あるので見てもらえれば分かりますが、4Q後半の会場の盛り上がりは本当にすごかった。動画の5分くらいのところから見てもらえれば分かってもらえるはず!

応援していた川崎は負けちゃったんですが、そんなことはどうでもいいくらい、興奮させてももらった凄い試合でした。

土壇場の勝敗がいよいよ決まるぞという時間帯になると選手がシュート打ってからゴールに届くまでの時間、一瞬だけ、会場全体が固唾をのんで静寂になるんですね。

ドラマなら完全にスローモーションになって、心臓の鼓動の音ともにキープレーヤーの顔が次々とアップになる感じ笑

その一瞬の静寂の後、ゴールが入った瞬間、入れた側の「よっしゃー!」と、入れられた側の「マジかー!」という大歓声

自分も思わず大声出てたし、あれは会場全体、選手も観客もテンション最高潮!純粋に、「楽しかった」!

やっぱり田臥はすごい!

僕はバスケの詳しいことは何も分からないド素人ですが、それでも見ていて田臥選手の凄さは伝わりました。

決めるべきところで決める勝負強さ。

思わず試合見ながら、こうつぶやいてました笑

4Qで追いついてきた時は、完全に田臥が原動力になってました。やっぱりNBAに挑戦できる才能ってダテじゃないんだなぁ、と素人ながら納得。

今回、ナマ田臥選手を見たかったので対栃木戦を観に行ったんですが、本当に正解でした。田臥にバスケの面白さを教えてもらったと言っていいかもしれない

試合を楽しませる工夫の数々

光るブレスレットと各種ショーアップ!

Bリーグでは試合のショーアップがすごいと聞いていたんですが、本当にすごかった。

試合前の選手練習が始まる前も、会場が暗転してレーザーと大音量の音楽でチアリーダーのパフォーマンスがあったり、試合開始時の選手入場時も同様のショーアップなどなど、見てて飽きなかった。

試合中もファールの情報や先週の情報、応援ガイドなどいろんな情報がスクリーンに映し出されて、ただの派手なショーアップだけじゃなくて、初心者でも見やすい&分かりやすい心配りというのは感じました。これ、客層をこれから広げていきたいとすれば、すごく大事ですよね。

ちなみに席に座ると、大きなブレスレットみたいなものが置いてあった。

bleague_01_light

何かと思ったら、会場のパフォーマンス時にこのブレスレットが赤や白に光るんです。会場全体のライティングと相まって、すごいライブ感。

どうやらこのブレスレットの発光は無線でコントロールされているようで、試合終了時には「持って帰っても光りませーん!返却してくださーい!」と係りの人たちが声を上げながら、返却ボックスへの返却を促していました。きっと制御システムからのシグナルを受け取らない時は、光らない仕組みなんですね。

配布物がすごい!

会場入りした時にみんなが赤いTシャツ来て会場全体が赤く染まっていて、「ヤバい、赤いTシャツなんて持ってこなかった!」と思って大焦り。

でも、どうやらこれは今回の試合だけの特別なイベントでTシャツ無料配布!ということだったみたい。Tシャツ無料配布なんて、なんと太っ腹な企画!

bleague_01_shirt

B1リーグ・川崎ブレイブサンダースは、11月11日(土)、12日(日)に行われる『B.LEAGUE 2017-18 SEASON 第8節 栃木ブレックス戦』において、来場者に非売品のTシャツをプレゼントする。

ありがたく持って帰らせてもらったので、次回観戦時はこれ来て行こう!

他にもこんなハリセンも配布してました。応援時のノイズを作るために使うんですが、背番号と選手の名前と写真が書いてあって、まだメンバーを覚えていない初心者にはやさしい作り。

bleague_01_6

電子チケットも便利、でも改善点あり?

iPhoneアプリ内で管理できる電子チケット。

入場時は、黒いスタンプのような機器を画面に近づけると、アプリ内のチケットにスタンプが押印されて、入場したことが記録される仕組みになってました。

bleague_01_ticket

以下が開発元のページのようですが、詳しい仕組みは分かりません。NFCだったらiPhoneの背面側で処理すると思うんですが、スクリーン側で処理をしていた何か別の方法なんですね。

音楽アーティストのファンサイト運営やオークション対策を講じたチケット販売を手掛けるEMTG株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:冨田 義博、以下EMTG社)は、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグが運営する日本最高峰の男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」の公式観戦チケットとし...

チケットの処理自体は画面にスタンプ的な機器を近づけるだけなので、本当に一瞬で処理が終わる。この辺はすごい便利。

でも、そのあとに、半券のような紙切れを再入場用に人数分配っていて、それじゃあせっかくのスマートな入場方法が意味ないのでは?スタンプを押した画面を見せれば、通してくれればよくないですか?というのが率直な感想。

バスケ自体の面白さ

これまでにはJリーグの川崎フロンターレ戦を何度も見に行っていたんですが、バスケは今回が初観戦。そういう他のスポーツと比べて、今回バスケだからこその面白さをいくつか感じました。

が、文字数的に3,000字を超えて、かなり長くなってしまったので、それはまた次回の記事とさせてください!

<2017年11月13日 追記>
別記事として「B-Leagueを観戦して感じたバスケが面白い3つの要因」公開しましたので、是非こちらもご覧ください!

先週初観戦したBリーグ。すごく楽しかったので、すでに2戦目のチケットを入手済なほど。観戦した試合そのものの感想は前回記事に書きましたが、今回はバスケそのものに面白さを感じた要因を考えてみました!

まとめ

記事中でも何度か書いてますが、「とにかくまた見に行こう!」と思わせてくれたBリーグ初観戦。実際、12月にまた川崎のチケットを購入済です。

息子がバスケを始めたのもあって、もしかするとファンクラブ加入もあり得るかも!?

やっぱり生でプロの試合を見ると、息子も刺激を受けた模様。うんうん、頑張ってほしい!

自由席なら2,000-2,500円くらいで見に行けるので、この記事を見て興味持った方がいれば、まずは見に行ってみてください!

2016年秋に開幕するプロバスケットボール新リーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」公式サイト

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
こちらの関連記事も、是非ご覧ください!

<関連記事:B-Leagueを観戦して感じたバスケが面白い3つの要因

先週初観戦したBリーグ。すごく楽しかったので、すでに2戦目のチケットを入手済なほど。観戦した試合そのものの感想は前回記事に書きましたが、今回はバスケそのものに面白さを感じた要因を考えてみました!

<関連記事:B-League観に行きます!チーム数は何チーム?チケットの買い方は?

こんにちは、ダイクン(@channelsland)です。 今週末に初めてバスケットボールのプロリーグ、B-Leagueの試合を...