【コスパ抜群】オススメBluetoothスピーカー Bose Sound Link mini II | channelsland

【コスパ抜群】オススメBluetoothスピーカー Bose Sound Link mini II

soundlink-mini-eyecatch

こんにちは、ダイクン(@channelsland)です。

皆さん、自宅で音楽を聴くときってどうやって聴いていますか?

以前のCDの時代はCDラジカセで聴いていた人が多いと思いますが、デジタル化された最近は聞き方のバリエーションが増えているかもしれませんね。

スマホのスピーカーだったり、Bluetoothのスピーカーだったり、最近流行りのスマートスピーカーという人もいるかも?!

そんな中、今日は我が家で使っているコストパフォーマンス抜群のBluetoothスピーカーをご紹介したいと思います。

自宅でいい音質で音楽を楽しみたいと思っている人は、是非チェックしてみてください。

Bose SoundLink mini II 仕様

我が家で使っているオススメBluetoothスピーカーは、BoseのSoundLink Mini II

こんな感じのポータブルBluetoothスピーカーです。

Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II ポータブルワイヤレススピーカー カーボン【国内正規品】
by カエレバ

 商品紹介

iPhone6と比較すると、少し大きいくらいのサイズです。

小さめのスピーカーなので軽いのかと思いきや、0.67kgと500mlのペットボトルより重くて、持つと見た目で想像した以上にズシッと重さを感じます

中身が詰まってる!って感じ。

bose-sound-link-mini-1

本体のボタンは5つ。左から電源、音量小、マルチファンクションボタン、音量大、Bluetooth接続ボタンとなります。

真ん中のマルチファンクションボタンを使うと、曲の再生・停止や通話のコントロールなんかが出来るようですが、結局操作は全部iPhoneでやっているので、使ったことないですね。

もっぱら使うのは両サイドの電源とBluetooth接続ボタンです。

接続自体は、Bluetoothボタンを押すとスマホ側に “Bose Minit II SoundLink” と表示されるので、あとは接続ボタンを押すだけで至って簡単。

bose-sound-link-mini-2

本体にも充電用と外部入力用の端子が備えてありますが、充電は後述のクレードル、接続はBluetoothのワイヤレス接続をしているのでこちらも全く使用していません。

bose-sound-link-mini-3

これが充電用のクレードル。上に乗せて端子がちゃんと接触すると、ピポッという音とともに本体のLEDが点灯して充電が始まったことが分かるようになっています。

ただ、カチッとハマるわけではなく、結構どうにでも乗せられてしまうので、ちゃんとLEDが点灯したことを確認しないと、充電していたつもりが充電されていなかった、ということがあります。(というか、ありました苦笑)

bose-sound-link-mini-4

クレードルは、付属のUSB端子でコンセントに接続します。

製品のオフィシャルページに電源の持続時間は通常使用で10時間とありますが、我が家ではそこまで長い間、継続使用したことがないので確認できていません。

ただ、1日数時間という時間で使用している環境下では、数日間はクレードルから離して使っていても全く問題ありません

bose-sound-link-mini-5

オススメのポイント

ポイント① 音質抜群

これだけ小さいスピーカーなので、正直購入時に音質はあまり期待していませんでした。

購入の動機は、Apple Musicの音楽をiPhoneよりは大きなスピーカーで、ワイヤレス接続して聴きたかったから。

でも、購入して実際に聴いてみると、さすがBose。いい意味で期待を裏切ってくれました

あ、僕はとくに音質にこだわりのある人はではないので、そこは始めに断っておきますが、それでも素人なりに聴いていて重低音から高音まで、かなりきれいに再生してくれる、というのが正直な感想。

電源ケーブルの都合上、クレードルはテレビラックの棚の中に置いていて、購入当初はその棚の中でクレードルに乗せたまま再生してました。

でも、あまりの音圧が強さに周りの棚板に響いてしまって近所迷惑かも?と感じてから、再生するときはクレードルから外して周りに何もない場所に出して再生しているくらい、パワフルな音で再生されます。

公式サイトには「同サイズの標準的なトランスデューサー(スピーカーユニット)に比べて2倍の空気を動かします。」とあるのですが、確かにそうかも、と思わせる音圧。

音質マニアに人に言わせるといろいろとあるのかもしれませんが、一般の人が音楽を楽しむには十分すぎる性能と言えるんじゃないでしょうか。

ポイント② ポータブル

このサイズなので、簡単に持ち運べます

実は外に持ち運ぶ際に傷がつかないようにする専用ケースも販売されているんですが、我が家では家の外に持ち出すことはないのでそのまま使っています。

でも、部屋の中を移動したり、別の部屋にもっていったり、以前の大きなスピーカーであればリビングから動かせなかったようなものが、簡単に移動できるというのは結構便利です。

ちょっと自分の部屋で音楽聞きたいな、と思ったときはリビングから自室に持ってきて再生、なんてことも出来て便利です。

バッテリーも10時間近く持つので、友達とバーベキューしたりキャンプしたりする時にもいいんじゃないでしょうか。スピーカーとスマホがあれば、外でも簡単に音楽が楽しめます。

ポイント③ コストパフォーマンス

最後に、値段。

オフィシャルページで23,760円、実績価格としてはそれより数千円くらい安い価格で買えるようです。

実はこのスピーカー、家電量販店をブラブラしている時にふと目に留まり、Boseのスピーカーでこの値段なんだ、と思って目に留まったのが購入したきっかけ。

それで購入した結果、上に書いたような音質だったので、結果的にすごくいい買い物でした。

注意点 リセット方法を覚えておく必要あり

いいところを挙げてきましたが、最後に1つだけ注意点。

我が家にある個体だと2,3ヵ月に1度くらいの頻度で、本体のボタンが反応しなくなることがあります。充電が切れたわけでもないのに、突然接続も再生も出来なくなる。

そんな時は、電源ボタンを10秒長押しでリセットする必要があります。

始めはどうしたらいいのか分からず右往左往したのですが、リセットすればまた通常通り操作できるようになりますね。

使う頻度はそんなに多くないですが、リセット方法は覚えておくと便利です。

まとめ

オーディオに詳しくない素人の僕でも、これがBoseのBoseたる所以なのか、と納得の音質。それでいて簡単に持ち運べるポータビリティと、お得な値段。

個人的には我が家にある家電で、別記事で紹介したワイヤレスBluetoothイヤホンBeatsXとトップを争うオススメ商品です。

自宅でいい音質で音楽を楽しみたいと思っている人は、是非見てみてください!

Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II ポータブルワイヤレススピーカー カーボン【国内正規品】
by カエレバ

Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker soft cover ソフトカバー 「SoundLink Mini/Mini II」専用 チャコールブラック【国内正規品】
by カエレバ

W1チップ搭載のBluetoothワイヤレスイヤホン "BeatsX" 。実際に8ヵ月使ってみて自信を持っておすすめ出来るので、そのおすすめポイントと気になる点をまとめました!